会社案内

歴史・沿革

東亜鍛工所(TOA)設立期

1937年、創業者守谷吉榮が、名古屋市昭和区高辻町で鍛造工場の操業を開始しました。戦後の混乱期には、生活必需品の斧、鍋釜などの生産、産業復興期には鉄道部品、機械部品など、お客様の日々進化するご要望にお応えすることで、現在の基礎となる鍛造技術を築きあげました。

1962年、三重工場(現在の本社)を立ち上げ、ドイツ製の回転鍛造機(ローリングミル)を導入して、より安定した高品質な製品づくりに磨きを掛けました。無駄のない工法で、より優れた強度の“リング鍛造品”専門メーカーとして歩みはじめます。

新井工業(ARAI)設立

1974年、弊社の優れたモノづくり力への評価と期待が増す中、住友重機械工業㈱様と、東亜鍛工所の共同出資により、新潟県新井市(現・妙高市)に新井工業が設立いたしました。(東亜:住友=86%:14%:現在出資率)新潟工場は、住友重機械工業様の主力製品の一つである製品の主要歯車素材に採用され、ハンマー、プレス成型技術に特化しています。                                    

1976年3トンライン稼動(ARAI)
1979年3000トンプレスライン稼動(ARAI)
1987年自動リングミル機導入(TOA)
1991年機械加工開始(TOA)
1996年全自動ローリング鍛造ライン稼働(TOA)
1998年1600トンライン稼動(ARAI)
1999年機械加工開始(ARAI)
2003年ISO 9001:2000 (TOA&ARAI)
2006年ISO14001認証取得(TOA&ARAI)
2007年1500Tライン稼動(TOA&ARAI)
2009年R1000稼動(TOA)
2011年3500Tライン稼動(ARAI)
2500T冷間鍛造プレス稼働(ARAI)
冷間プレス増強(ARAI)
ミラーブランキング品量産開始
ベルギア&ピニオン(完成セット)量産開始
パーキングギア(完成単品)量産開始
2017年冷間工場スタート(TOA)
2018年鍛造ハイポイドギア&ピニオン(完成セット)量産開始
2018年4000Tライン稼働(ARAI)
2021年
 |
2023年
切削工場増強・自働化(ARAI)
2022年切削工場リニューアル(TOA)

TOA & ARAI
ものづくり研究所

2011年新しく研究スペースを設け、国内外のお客様の高度なご要望に的確にお答えするために更なる鍛造技術に磨きを掛け、研究開発にも注力しています。
2012年国際産業見本市『ハノーバー・メッセ2012』出展
代表者挨拶
会社概要
鍛造技術について
企業理念
採用情報